トピックス

ホームページの適正価格

以前、大手ホテルチェーンからお問合せを頂き、お打合せを頂いたときの話ですが、
「ホームページの平均的な価格はどのくらいですか?」と質問されました。
よく頂くご質問なのですが、いつも返事に窮してしまいます。

ホームページを持つだけならとても安くで制作することは可能です。
極端な話ですが、無料でホームページを作り、月々のサーバー料金で利益を得ている会社もあります。

現在ホームページ会社の多くは、作業量で価格を出しています。
サイトのデザインにこだわれば、作業時間も増え、金額も高くなります。
ページ数が多ければ、作業量も多くなり金額も高くなります。
検索機能や自動更新機能を付ければ、プログラムの料金が加算され作業時間も増えます。
このように、目的や用途によってホームページの価格は大きく変わってきます。

そして、それ以上に大切なのが、作ったホームページを活かすための費用です。
あなたのライバル会社は、ホームページを作る費用よりも「活かすための費用」にウェイトを置いているはずです。
要はホームページを見てもらうための費用です。

打合せを頂いた大手ホテルチェーンの担当者様とのお話ですが、
ホテルのウェディングコンテンツを別サイトとして新規に立ち上げたいとの事でした。
5社をピックアップされ(その内の1社が弊社です)見積もり依頼をしたところ、
一番上が200万円
一番下が50万円
弊社が80万円
で、弊社が真ん中だったらしく、この差は何なのか!?
という疑問から上記のようなご質問を頂いたのです。

御提案の内容にもよりますが、確かに上と下の差は150万もありますね。
恐らくこの差は営業と実績の差であると思われます。

200万のお見積もりをした会社は「営業スタッフ」をたくさん抱えているのでしょう。
営業スタッフのお給料・歩合を支払うためには、必然的に単価は高くなるでしょう。
勿論、大企業という事で、「欲の分」もプラスされていると思います。

50万のお見積もりをした会社は「大手企業の制作実績が欲しい」という理由ではないでしょうか。
大手企業の実績があるでけで信頼感がアップするので、無理にでも取りに行きたいところです。
赤字覚悟でのお見積もり金額ではないでしょうか。

結局、お客様はどの会社を選んだか分かりますか?
一番お見積もり金額の安い会社を採用されました。

この経験は非常に大切なものでした。
良いデザインのものを・安く・活かす
この3つの要素が揃ってこそ、お客様の満足度が得られると言うことを肝に銘じて、
今後、ウェブファクトリーも邁進していきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

タグ: